失敗しない外構工事

Voice

頼む前に知ろう!失敗しない外構工事

私はこの業界に従事して早 20 年が過ぎました。 現場調査や工事完成確認の為、いろんな団地や街並みを見て周ります。 そしていつも他人様の外構を見て、勝手ながら、

  • 建物と外構がマッチしてないなぁ
  • センスが悪いなぁ
  • 仕上げが悪いなぁ
  • もっと使いやすく出来たはずなのに
  • 私ならこんな提案をしてたなぁ
  • こんな外構だと家が引き立たないなぁ

そんな事を良く思います。
弊社は元々は先代の頃までは、下請工事専門としてやっておりました。
下請工事では、お客様のご要望やご予算、 ライフスタイルや家族構成、どんなものにこだわりがあり、どんなものを求めているのか。
そんな事は全く知る事も無く、お客様の情報や要望が伝わって来ず、結局、元請業者の担当者の「勝手な要望」しか分りません。こんな現実がある中で、果たしてお客様は本当に満足してくれてるのか、我々はエクステリアのプロとして、「こんな素敵なプランが提案できる」 そう考えると、住宅は住宅の専門業者にお願いし、外構は外構の専門業者にお願いする。
そうする事により「施主様のご要望やご予算を直接聞ける」「施主様の将来を見据えた提案ができる」と思い施主様と直接、 お話ができ、我々もプロとしてのご提案を直接、施主様にお伝えする事の出来る商談スタイルを始めました。

  • POINT01

    エクステリアは家の付属品ではありません

    外構工事は、お客様の希望予算よりオーバーする事が多いです。これは 一般的に、「外構工事の価格が分かり難く、目安になる物がない」 からでしょう。住宅販売の営業の方たちは、住宅には詳しいですが、 外構工事は全くの素人さんが大半です。ですから、何となく100万円 あればできる、と簡単に言ってしまう傾向が多くあります。高額な 住宅を買われた後、引っ越し費用、家電などを買うと予算は ほとんど残ってないでしょう。自慢の家に合った外構が無ければ家が 引き立ちません。予算が出来るまで待ったり、全体をプランニングして 何度かに分けて工事する方が失敗する確率は確実に減ります。 無理して予算を削って外構工事する事が失敗の始まりです。

  • POINT02

    意外と知られてませんが、外構工事は無免許、無資格で開業、施工ができます。無資格や無許可の人が経営している会社もあります。 こんな人たちが造る外構工事って怖くないですか。外構工事はすべて ハンドメイドです。ロボットでなく、熟練した職人が精魂込めてお客様の ご自宅の外構を造れるか。完成度の高さは資格や知識と経験を持った プランナーと職人次第です。

  • POINT03

    全て現場スタッフの手作り。信頼のおける業者選びとは

    外構は自動車などと違い、買い替える事も無く何十年も使い続ける物です。きちんとした施工をしなければ、年数が経った時に不具合が 出る可能性も増えます。100万も200万もお金を出して、その業者は 信用出来ますか?相見積で「全く同じ内容、同じ施工寸法」で 安い事は良い事です。さて、どこで価格差が出るのでしょうか。 現在、どこの業者も建築材料を買う価格はほとんど同じです。 販売業であれば、大量仕入、大量販売をする事で安く出来ます。 しかしハンドメイドの外構工事では、何かを削らないと安くできません。 見積が安い会社は何かを削ってでも「安くしないと工事を 受注出来ないから」です。

  • POINT04

    我々は、外構工事はゆっくりと考える事を推奨しております。 外構工事も終わらせて引っ越ししたい方も多く居られるでしょう。 しかし、実際に新居に住んでみて初めて気付く事も多いはずです。 塀の高さや目隠しの必要性、車庫の配置や道路と敷地の高低差など、 ああしたい、こうしたい、とご要望も明確になってきます。 住宅のお引き渡しに、お引越し、様々な手続きが終わり落ち着いて 考えた方が失敗は少ないです。我々が一番嬉しい事は、お客様が 喜んでくれる外構を提案し施工する事です。ゆっくり考えてみませんか。

  • POINT05

    エクステリアは家の付属品ではありません

    工事業に限らず、お客様と業者間で一番大切なものは「信頼関係」です。イメージしてみてください。行列が出来るお店と 閑古鳥が鳴いているお店。どちらに行きたいですか。 どちらが満足度が高いと思いますか。どちらが「質」に対して信頼 できますか。外構工事業も同じです。人気店は工事待ちが長く、 価格競争はしません。

  • POINT06

    飲食店でも工事店でも、味や仕上がりを左右しているのは「実際に作っている人」の技術力です。お客様と直接契約する、 外構工事店は、プランニングや見積は自社で行い、施工は 外注業者といったやり方の会社が大半です。外構工事の中で最も 多いクレームが「お客様のご依頼事項の情報伝達ミス」です。 プランニングや見積を自社で行い、施工は「外注業者に丸投げ」 の会社はそういったミスがとても多いのが現実です。自社設計、 自社管理、自社施工している会社は、そういったミスが少ない為、 スムーズな工事進行で、素敵な物が完成する確率が高いのです。

  • POINT07

    全て現場スタッフの手作り。信頼のおける業者選びとは

    友人にプランと外構工事を頼む事、これが意外と失敗する原因にも なります。大満足なプランと施工が出来れば、お互い大満足でしょう。 しかし、逆の場合はどうでしょうか?私も経験がありますが、 知り合いだから、不満があっても言いにくい、友人だから 不具合があっても言えない。そんな経験した事ないですか? 我慢できる範囲の事なら問題ありませんが、数十万円、数百万円の お買い物ですよ。こんな失敗事例、以外と多いです。

  • POINT08

    工事業には、残念ながら「手直し」といった事が起こります。施工する方としては、完璧を求めて工事を行います。しかし、 天候や地盤状況、業者側のミスでごく稀にやり直しを行う事があります。 そんな時、経営がきちんとした会社なら、資金もあり素早く 対応してくれるでしょう。しかし、経営が困難な会社だと、 不具合解決から逃げる可能性もあります。会社の信頼度を間違って 工事依頼をすると、高額な金額の外構工事は、完成が楽しみな 施主様の気分を一変させます。完成度の低い工事は結構あります。

  • POINT09

    エクステリアは家の付属品ではありません

    まだ、価格とデザインだけで、業者選びしますか?
    はっきりとした名称が無いのが、この業界。外構=エクステリア=庭。
    家と庭。いい家にはイイ庭が必要。両方揃って初めていい家庭になるものです。

  • POINT010

    外構工事は、コンクリート、ブロック、鉄筋、アルミ製品、電気製品、水道関連、砂利、植木など多くのアイテムを使用する事が多いです。
    何種類かの資材を使い、工事が出来る職人さんは多く存在しますが、 全て施工出来る職人は、殆ど居ないでしょう。場合によっては、全てが 違う職人が工事する事もあります。職人さんを選定し工事を 進める人を「監督」と言います。この監督がきちんとしてないと、 工期が長くなり、工事のやりっ放しといった事も起きます。監督が いないホームセンターやインターネットで外構工事を販売している パターンがこれです。各業種ごとに、いろんな職人が好き勝手に 工事をやり、お互いの連携が取れません。 これでは、きちんとしたものが出来るはずがありません。

おすすめのコンテンツ
おすすめのコンテンツ